Now Loading...

© BellWood Co.,Ltd.
外壁塗装のよくある失敗・トラブルとは?失敗例とその対策、そしてBELL WOODの取り組みをお伝えします!!
2022.07.29

外壁塗装のよくある失敗・トラブルとは?失敗例とその対策、そしてBELL WOODの取り組みをお伝えします!!

こんにちは。BELLWOOD広報担当です。

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

こちらのブログではあきる野市に居を構える外壁塗装会社、BELL WOODの塗装内容や外壁塗装に関する知識などをお伝えしております。

 

さて、皆さん外壁塗装を行う際に、絶対に失敗したくないですよね。

 

安くないお金を払って、お客様の大切なお住まいを塗装するのに、満足して頂けないなんて、お客様にとっても我々塗装会社にとっても悲しいことです。

 

そこで、今回は外壁塗装の失敗例のお話です!

 

よくある失敗例を3つご紹介し、その上でその対策まで伝授いたします!

さらに、我々BELL WOODにて実際にあった事例や質問などもご紹介しBELL WOODがトラブルに対してどのように対処をしているかも合わせてお伝えします。

 

こちらの記事を読むことで、外壁塗装での失敗やトラブルを避けることができます!

 

それでは早速参りましょう!!


失敗例1:イメージした色と完成した実際の色が違う 

外壁塗装のよくある失敗・トラブルとは?失敗例とその対策、そしてBELL WOODの取り組みをお伝えします!!_1

外壁塗装において最も多いと言っていい失敗・トラブルはこちら「色のイメージ違い」です。

どの塗装会社でも事前にお客様と話し合った上で塗料の色を決めていきます。

その際に提示するカラーサンプルは基本的には小さなものです。しかし、実際にお住まいの外壁に塗装する面積はそのカラーサンプルの何倍も大きいものです。

「色の面積効果」というものがあり、色は占める面積によって印象が大きく変わる効果があります。その面積効果がイメージの齟齬を生む原因の1つと言われております。

 

また、サッシやドア、屋根の色味とのバランスも考えることも重要です。

外壁の色のバランスのみを考えて判断すると、家全体で見た時に当初抱いたイメージとずれていくかもしれません。

ドアや屋根等の色や質感と相性の良い色を選ぶことが大切なのです。

【BELL WOODの場合】

ありがたいことに、BELL WOODではこのような失敗事例はほぼありませんでした。

BELL WOODが取り組んでいる対策と作業工程中に実際にあったお客様からの質問も紹介させて頂きます。

 

・カラーシミュレーションを行い、お客様に仕上がりのイメージを持って頂く。 

色決めの際、丁寧に説明した上でお客様に理解頂きます。

ご要望の色味に近い施工事例写真なども紹介し、そちらを参考にして頂いております。

しっかりと話し合いをさせて頂き、お客様の納得のいく状態で施工を始めさせて頂きます。

 

・仕上がりのイメージで注意点などがあれば、事前に説明し、理解頂く。 

十分に説明をした上でも、やはり実際の施工とイメージには若干のズレが生じる可能性はあります。

 

*実際に作業工程中にお客様から「色が薄いような気がする」という質問を頂きました。

→ お客様が確認された時点では、中塗り終了(3回塗りの2回目)だったため、色味が薄く感じたようです。お客様には詳しく説明し、理解いただきました。

 

*また「色が明るい(白っぽい)気がする」というご指摘も頂きました。

→BELL WOOでは黄色のメッシュシートを使用しているため、日差しが反射して、明るく感じられたようです。 

 

このようにBELL WOODでは事前にも作業工程中にもお客様と話し合いながら、ご満足いただける施工を心がけております!


失敗例2:金銭トラブル

外壁塗装のよくある失敗・トラブルとは?失敗例とその対策、そしてBELL WOODの取り組みをお伝えします!!_2

外壁塗装をする上で金銭トラブルも避けなければならないものの1つです。

 

よく起こる金銭トラブルとしては、相場よりも高い金額で契約してしまう、ということです。

打ち合わせの手間を省いたり、知り合いの紹介で悪徳業者と契約したりすると、一般的な相場より高い金額で契約してしまいトラブルに繋がってしまう、というケースが悲しいかな起こり得ます。

また、十分な説明もなく追加工事をされて当初の見積もりより高い金額になっていた、というケースも見受けられます。

 

業者ときちんと相談し、話し合いを重ねた上で、施工をすることを強くお勧め致します。

【BELL WOODの場合】

BELL WOODではこれまでに金銭のトラブルはありませんでしたプロの外壁塗装会社として当然のことであると自負しております。

お客様からのご要望も含め、万が一、追加工事が必要になった場合は御見積書を作成の上、詳細を説明し、内容や金額などを理解いただいた上で作業を進めております。

 

お客様の財布にも心にも優しい施工をさせて頂いております!


失敗例3:ご近隣トラブル

外壁塗装のよくある失敗・トラブルとは?失敗例とその対策、そしてBELL WOODの取り組みをお伝えします!!_3

外壁塗装のよくある失敗例、3つ目は
ご近隣トラブルです。

 

外壁塗装をする上で、ご近隣とのトラブルに繋がりかねない工程はいくつかあります。

足場の運搬・設置、飛沫対策のシートの設置、塗料の飛沫やにおい等々です。

 

近隣の方々に少なからずご迷惑をおかけしてしまうことは避けられないのですが、こういった施工が行われることを事前に近隣の方へ説明をしない業者も存在します。

当然のことながら、こういっ事前説明は必須のことであり、業者側に説明責任がありますので、誠意を持った業者を選ぶことが重要です。

【BELL WOODの場合】

もちろんBELL WOODでも近隣の方々にご挨拶をし、説明をさせて頂いております。

 

・着工前の近隣挨拶、事前説明を丁寧に行う。

・お隣のご家庭様で車の移動が難しい場合、カーシートをかける。 

・万が一、ご近隣からクレームなどがあった場合は、BELL WOODが対応を行う。

 

等々、あらゆる場合を想定して、お客様にも近隣の方々にも気持ちの良い施工を目指しております!



以上が、外壁塗装でよくある失敗例とその対策でした。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今後、外壁塗装をご検討される方々に参考になればとても嬉しいです。

 

また、上記に紹介した失敗例以外にも様々なトラブルは起こり得ます。

もちろんBELL WOODではあらゆるトラブル、ご要望ご相談に誠意を持って対応させて頂き、ご満足頂ける施工を行なっております。

 

いつでもBELL WOODへお問い合わせ下さいませ!

 

外壁塗装はあきる野市のBELL WOODへ。

 

それではまたお会いしましょう!

Contact お問い合わせ

些細なことでもお気軽にお問い合わせ下さい。